2017/6/8

平成29年度 安全衛生大会に出席して参りました。

 

いつもお世話になっております、岐阜県各務原市を起点に鳶、足場工事、解体工事、営繕工事等を行っております明翔工業株式会社です。先日、元請である有限会社アドバンス様(HPはこちら)開催の安全衛生大会に出席して参りました。


会場は三重県桑名市にある、NTNシティホール(桑名市民会館)の大会議室。とっても大きなホールです!


時刻は夜7時過ぎ。会議室には、日中の現場仕事を終えたスタッフが集結してました。これだけの人数が一つの場所に集まるのってほとんどない!安全衛生大会の時くらいだろうか?


明翔工業のスタッフも朝早くからの現場仕事で若干お疲れ気味?


っと思いながらも、社長は元気!久しぶりに会う人達に会えて、テンションが上がっちゃった感じでしょうか。


さて、平成29年度 安全衛生大会が開会します。有限会社アドバンス様の大居社長より開会、安全宣言へと移ります。


豊通ファシリティーズ株式会社 トヨタ建装部 部長の山田 克樹様より、貴重なお話を聞かせていただきました。 建設業界で働くものとして、いっそう身が引き締まる内容でした。

その後、工事部長の塚本様より今期の現場報告。『今期は特に若手ががんばった』とお言葉をいただきました。


明翔工業の若手がんばり屋のカイト君。
今までの努力が評価され、今期は高さ90mを越える高鉄塔の足場作業を任されることに!

 

お次は、明翔工業の石井職長の発表に移ります。



スライドを見ながら 「あぁ、今年はこんな現場があったな」「あの現場で危なかったな」など色々なことを思いだしながら、改めて安全意識を持ち直したことと思います。


豊通ファシリティーズ株式会社 コーポレート部 安全推進室 室長の花岡 正直 様より 安全に対する意識向上のご講話をして頂きました。今回の安全衛生大会では、特に印象深い内容でした。


花岡様のご講話は、全面的に厳しい口調のように聞こえましたが、その言葉一つ一つに”いのちの大切さ” を感じたのは僕だけではないはず。

良い仕事とは何?
良い人間関係とは何?
良い会社とは何?

約50分の講話の中、 現場で働く作業員だけではなく、経営陣、幹部に至るまで日頃の自分はちゃんと出来ているか?マンネリ化していないか? 改めて振り返ることの出来る貴重な講話をして頂きました。



 

今日も一日、ご安全に!

安全衛生大会を経て、改めて安全徹底への取り組み、意識向上、それに会社全体、現場全体でどうやったらもっと良くしていけるだろうかと考え直すことができました。

社員、協力会社の仲間、現場に関わってくださるあなた、ひとりひとりが宝です。
このような安全意識ポスターを作り、 会社の玄関に貼るようにしました。
これで朝、現場へ向かう前に必ず皆さんの目に留まりますので、今日の安全大会で教わったことを思い出して貰いたいと思います。

 


足場、解体、営繕、鉄骨など

ゼネコンで鍛えた工事実績アリ!

その現場、明翔工業におまかせいただけませんか?

愛知県、岐阜県、三重県の東海3県を中心に、ゼネコン総合建設業様の仕事に従事させて頂いております。

当初3人から始まり、豊富な実績のもと、今では何十人もの組織となり今日に至ります。安全な作業は勿論のこと、人と人とのご縁、そして絆を大切にし、おごることなく謙虚に成長し続けて参りたいと思っております。会社の規模、案件に限らず、まずはご連絡ください。

岐阜県各務原市の足場、解体、鉄骨工事会社


明翔工業株式会社
〒504-0847 岐阜県各務原市蘇原大島町1-97-1
お問い合わせ電話番号は、
058-372-3323

メールによる、お問い合わせはこちら